HOMEリンク集お問い合せサイトマップ

About : メタタグ最適化

メタタグ最適化とは?

- ソース記述方法 -
<html>
<head>
<title>タイトル</title>
<meta name="description" content="ページの概要。">
<meta name="keywords" content="関連キーワード1,関連キーワード2">
</head>
<body>



</body>
</html>

メタタグとは?

内要因のSEO対策として一般的な方法がこのメタタグの最適化です。メタタグとは、ページの概要や、関連キーワードを記述するためのタグです。

メタタグの重要性

SEO対策として一般的なメタタグの最適化を図ることは、検索エンジンへどのような内容のサイトかを正確に伝えるための役割を担っています。検索エンジンは、ロボットがサイト内でどの部分が重要なのかを、重要度の高い順から読みとっていきます。つまり、重要度の高いメタタグ部分にこそしっかりとサイトの内容がわかるキーワードなどを的確に記述しなければ、正確にサイトの内容を伝えることは出来ません。SEO対策を行うのであれば、メタタグを正確に記述することは重要なポイントとなってきます。

<meta name="description" content="ページの概要。">

descriptionは、ページの概要を記述するためのタグです。何について掲載しているページかどうか、このdescriptionを見ればわかるように内容をまとめることがSEO対策のポイントです。ここには、全角で64文字程度記述することができるので、64文字程度で、ページの要点をまとめておきましょう。

注意点としては、必ずキーワードを含めた内容にすることがあげられます。検索エンジンはこのメタタグからどのようなサイトかを読みとりますので、キーワードが入っていなければ、検索されたときにヒットすることはありません。もしも「SEO」についてのサイトなら、キーワードとなる「SEO」を絡めた文にすることをおすすめします。

<meta name="keywords" content="関連キーワード1,関連キーワード2">

keywordsは、ページに関連するキーワードを記述するためのタグです。何について掲載しているページかどうか、わかりやすいように関連するキーワードを記述していきましょう。ここには10個前後のキーワードを記述することができるので、重要なキーワードはもちろんのこと、ページに関連するものなどを記述しましょう。もしも「SEO」についてのサイトなら、キーワードとなる「SEO」はもちろんのこと、その他SEOに関連するもの、ページに関連するものを記述しましょう。

注意点としては、あまり関連のないキーワードを記述することはやめましょう。SEO対策の効果が期待できなくなってしまいます。また、記述方法としては、description、keywordsどちらも、上記で紹介しているように、<title>の直下の位置が適切です。

Copyright(c)2009.SEO対策でアクセスアップ。